ガラスコーティングで結露対策

  • ホーム > 
  • ガラスコーティングで結露対策

窓ガラスのコーティングで手軽に結露を防止できる

高機能窓ガラスコーティング剤「クリアルマイサニーKO」には、結露を防止する機能もあります。室内外の温度差を極力抑えることで、結露の発生を抑制。結露を防ぐことは、カビダニの発生リスク軽減や、木部の腐食の防止にもつながります。

冬のお悩みでよくある、「結露を防ぎたい」

冬場の住宅・施設における悩みといえば、窓ガラスの「結露」かもしれません。こちらでは、結露がもたらす建物へのリスクと、効果的な結露対策についてご紹介します。

結露による被害

結露とは、温かく湿った空気が冷たいものに触れることで空気中の水蒸気が凝縮し、水滴となって現れる現象です。冬場にエアコンやストーブ、ヒーターなどによって室内を暖めると、窓ガラスの内と外で温度差が大きくなります。ここで室内の暖かく湿った空気が冷たい窓ガラスに触れると、空気が冷やされ、水蒸気が水に変わって「結露」となるのです。

結露は、カーテンやカーペットを汚したり、カビやダニを発生させやすくしたりします。また、最悪の場合には木部の腐食など、建材の劣化を早めてしまうこともあります。何も対策せずに放置してしまうと、建物の資産価値を落としてしまうことにもつながりかねません。

手軽にできる結露対策は?

結露対策のポイントとしては、空気中の水蒸気量を減らしたり、こまめに換気したりして、室内に暖かく湿った空気をため込まないようにすることです。

  • 10~20倍に薄めた台所用洗剤を窓全体に伸ばすようにして拭き、その後でから拭きします。洗剤に含まれる界面活性剤によって、窓ガラスに水滴が付きにくくなります。
  • お風呂の換気扇、あるいは部屋のレイアウトによってはキッチンの換気扇を24時間回し続けます。空気を循環させることによって結露を防止できます。
  • 除湿機やエアコンの除湿機能を使って、空気中に水蒸気をため込まないようにします。
  • ソファやクローゼット、家具の裏側などは結露の発生しやすい場所です。家電製品や什器、インテリアなどは、壁から最低でも5cmは離して置くようにしましょう。
  • 押入れやクローゼットなども水蒸気が滞留しやすく、結露が発生しやすい場所です。ときどき扉を開け放して換気するとよいでしょう。

結露対策に効果のある「クリアルマイサニーKO」

上記のように店舗や事務所、ご家庭などで手軽にできる結露対策はいろいろありますが、毎日行うとなると少し面倒なものですよね。実は、窓ガラスコーティングを施すことによって、ほとんどの結露を防ぐことができるのです。

「クリアルマイサニーKO」には、結露を抑制し、カビやダニの発生リスクを軽減する機能もあります。「クリアルマイサニーKO」でコーティングした窓ガラスは、寒い冬でもガラスからの放熱を抑えて室内温度の低下を防ぎます。さらにガラス自体に蓄熱させることができるので、窓ガラスが冷たくならず、有効な結露対策となるのです。窓ガラスコーティングによって、結露による被害を手間なく防ぎましょう。

【完全な結露防止対策は難しい?】
いくら窓ガラスで結露対策を行っても、窓枠や建具自体によって温度差ができてしまうこともあります。そのため、窓ガラスだけで結露を完全に防ぐことは難しいかもしれません。とはいえ、結露を少しでも軽減することが建物の躯体にとっては重要です。結露によって建物の寿命を縮めてしまわないように、また、結露にともなうカビなどで資産価値を下げることがないように、少しでも結露を減らす方策を考えていきましょう。