耐久性・安全性について

  • ホーム > 
  • 耐久性・安全性について

10年間維持される耐久性と、お子様にも安心の安全性

10年間維持される耐久性と、お子様にも安心の安全性

ガラスコーティング剤「クリアルマイサニーKO」は、窓ガラスフィルムと比べて機能的に優れた点が多いだけでなく、耐久性安全性などの面でも大変メリットのある製品です。病院などの医療施設や保育園・幼稚園などの幼児施設をはじめ、特に安全品質を求める空間への施工におすすめします。

10年間、ガラスをしっかりガードします~安心の耐久性~

「窓ガラスにフィルムを貼ったけど、ちょっとした傷からめくれて(はがれて)しまった……」といった経験はありませんか? フィルムはちょっとした傷からフィルムに切れ目が入って、はがれてしまうことがよくあります。また、窓ガラスに貼り付けているため、ホコリや結露が入り込んでめくれてしまいやすいという弱点もあります。

そんなフィルムのめくれやはがれにお悩みの方は、10年もの長い間、窓ガラスをしっかり保護してくれる窓ガラスコーティング剤「クリアルマイサニーKO」をご検討ください。

「5H」の高硬度で傷にも強い

窓ガラスフィルムは引っかき傷などに弱く、耐久性は5年程度と言われています。しかし、実際には人が出入りしたり接触したりすることにより、傷やめくれが生じて5年も経たずに劣化してしまうことも珍しくありません。さらに、紫外線カットタイプのフィルムの中には、自らヒビ割れを起こしてしまうものもあります。

「クリアルマイサニーKO」は、塗布することで窓ガラスの表面に高硬度の超薄被膜を形成。フィルムとは比べものにならない「5H」の高硬度を実現します(フィルムは「H~2H」)。ヒビ割れや気泡の混入などもなく、10年以上にわたって高い耐久性を持続。引っかき傷が付いても、そこから傷が広がることはありません。

コストパフォーマンスの高さを発揮

「クリアルマイサニーKO」は、窓ガラスの上にフィルムに比べて、ほとんど厚さはありません。薄いながらしっかりとした皮膜を形成します。ランニングコストの面などでフィルムより安いので、大きな窓ガラスがある施設で特にコストパフォーマンスの高さを発揮してくれます。再施工の回数も少なくて済むので、10年の長期スパンで見ればさらにお得な製品と言えるでしょう。

病院や児童施設でも使われています~信頼の安全性~

長期間にわたってガラスを守ってくれる製品だからこそ、安全性が気になるもの。こちらでは、「クリアルマイサニーKO」の安全性についてご紹介します。

健康への影響はいっさいなし

「クリアルマイサニーKO」には有害な物質が含まれておらず、施工後の塗膜が硬化した状態では「人体の健康への影響がない」ことが実証されています。施工直後は化学製品特有の臭いがありますが、数時間で硬化し、臭いもなくなります。硬化後は健康への影響はまったくありませんので、小さなお子様が触っても安心です。

紫外線対策にも有効

「エイチアイティー」が専門に施工をしている「クリアルマイサニーKO」は、幼稚園・飲食店・店舗など、病気の方やお子様が多い施設でも多く採用されています。しっかりと安全性が確認できているからこそ、医療施設や福祉施設、児童保育施設でも施工が可能なのです。お子様のいたずら程度であれば、傷になることもありません。しかも、「クリアルマイサニーKO」は紫外線カットの機能も備えているので、健康に有害な紫外線からお子様を守ることもできます。